4WD

 
ほとんどの車の駆動方式は、前輪又は後輪を駆動することで車を走らせる方式です。しかし4WD(4Wheel Drive)は4輪全てが駆動輪となって車を走らせます。

これはもともと凹凸の激しいオフロードや滑りやすい路面を、安全に快適に走るために開発された駆動方式ですが、その走行安定性の良さから今ではセダンタイプの車にまで普及してきています。

4WDには、ドライバーが必要に応じて切り替えるパートタイム4WD方式と、いつも4輪を駆動させながら状況に応じて4輪にパワーを配分するフルタイム4WDの2つの方式があります。

つまり、エンジンの発生する力を前輪と後輪の4つのタイヤに分配しているシステムが4WDです。外観上、通常の2WDと全く同じで、4WDとの違いを見つけることはできません。もし見分けられるとするとエンブレムの部分だけでしょう。

4WDの良さは、効率の高さにもあるといえます。たとえば、エンジンのパワーを2つのタイヤで受け持つかそれとも4つのタイヤで受け持つかということになると、これはエンジンのパワーを4つに分けて受け持った方が効率よく路面に伝えることができます。

したがって、1つのタイヤの負担も少なくなります。この特性がよく現れるのは雪道を走るときなどでしょう。雪道や雨に濡れた路面などでアクセルを強く踏んだときなど、2WDでは駆動輪が空転を起こしてしまう時があります。しかし4WDならば、4つのタイヤが同時に回転し始めますからスムーズに車を発進させることができます。

むろん通常の路面状態であっても車を発進・加速させる最適な駆動方式は4WDだということが言えると思います。ご存知のように2WDの場合は駆動輪以外の2輪は、これは前輪だけのときもあれば後輪だけのときもありますが、うまく路上を転がってるだけです。

ところが4WDだと4つのタイヤで路面を捉えていることになりますから、コーナリングのように車の安定性が乱れやすい箇所でも、安定して走り抜けることができるので安全性が高くなります。4WDのこうした特性から、セダンばかりでなくスポーツタイプの車には、非常に相性の良い駆動方式と言うことができます。

しかし、2WDに比べて4WDに欠点がないわけではありません。たとえば2WDに比べて4WDの部品点数は多くなりますから、その分車両価格が高くなります。また車体重量も重くなるので燃費も悪くなります。また、FFと比べてプロペラシャフトなどを設置しなければなりませんから、車内空間が狭くなることも4WDのデメリットと言うことができるでしょう。

以上、4WDの最大のメリットは力を分散できるということにありますが、4WDでも高いレベルでの走行性能をセールスポイントにするものもあれば、雪道での安全性や悪路での走行性能を売りにするものなど、いろいろなものがありますので、4WDのそれぞれの性能を見極めて購入する必要があります。

[ 4WDの日産エクストレイル ]