FFとは

 
FF(フロンエンジン フロントライブ=Front engine Front drive)というのは車の前方にエンジンを置いて前輪で駆動する方式を言います。

最近の車は、FR(フロントエンジン リアドライブ=Front engine Rear drive)よりFFの方が断然多くなっています。その理由は、FFのほうが構造上コンパクトな設計ができることにあります。

たとえば、FFの場合は、エンジンの下部にミッションを組み込み、フロントのタイヤで操舵と駆動が行われることになります。したがって、FRのように動力を伝達するプロペラシャフトは不必要になります。

動力源の全てを車の前方に集められるので、FFは室内空間を大きくとることができるようになります。これが最近、FFが大きな人気を集めている最大の理由だと言うことができるでしょう。

それとFFには、もう一つ特徴があります。それは駆動輪と車の進む方向を決める操舵が同じタイヤによって行われますからハンドルを切った後に車をスムーズに進めてくれるというメリットがあります。

とくに雪の多い交差点での右折左折時においては、FR車のようにスリップして車が前に進まないという事はありません。

これは、FFは前輪にかかる重量が大きいため、その分強く路面に押し付けられ、駆動と操舵の両方を前輪が行うため、FFはFRより走行安定性が高いのが理由です。

しかしその反面、FFは前輪の負担が大きくなるので、また限界性能はFRより低くなります。というのも一定の速度を超えると、アンダーステアになって曲がりにくくなったりするからです。

アンダーステアというのは、コーナーなどでステアリングを切ったよりも車が外側に向かう現象です。この欠点も、いまでは技術の進歩によってその傾向はほとんど改善されています。

そもそもアンダーステアは、コーナリング中の車輪が、わずかに横滑りを発生させて車が曲がっていこうとする力をつくりだしているものですから、発生しやすいものだと言うことはできます。

これが必要以上に横滑りが発生することをアンダーステアといいます。そこで各社は技術的に競って「横滑り防止装置」というものを付けているわけです。

ともかくも、FFというのは、エンジンルームをコンパクトにできますし、FRのように車の前方から後方に動力を伝えるプロペラシャフトが必要なくなるので床を低くすることも可能です。

このような理由により昔の少し大きめのセダンと言えば大体FR車だったんですが、現在ではコンパクトカーのみならず3ナンバーの車にもFF車はあります。

今後もしばらくは、FF車が市場で大きなシェアを占めることになるでしょう。

[ FF方式のホンダ・アコード ]