ハイブリッドカー

 
トヨタのハイブリッドカー「プリウス」が発売されたのは1997年のことです。いま新車販売のランキングにはフイット、アクワ、プリウスなどハイブリットカーが上位を占め、人気の高さを示しています。

ハイブリットという言葉には、「混成」とか「混合」という意味があります。これがハイブリットカーなど、自動車で使われる場合には2つの動力源を持っている車のことをいいます。通常は、エンジンとモーターの2つの動力源を使って走る車をハイブリットカーと呼んでいます。

ハイブリッドカーが開発された背景には、それぞれエンジンとモーターの2つの特性をうまく活かすと燃費が非常に良くなるという発想がありました。というのは、エンジンは、発進時や低速時にいちばん負荷がかかりますから多くのガソリンを使用しますが、一旦走り出してしまうと効率よく走ることができます。

反対に、電気モーターはその反対で、スタートしてからしばらくはスムーズに走ることができますが、高速走行には不向きです。そこで、この両方の長所と短所を考慮して、スタート時や低速のあいだは電気モーターを使い、加速してからはエンジンを使って走る、というのは最も効率が良いだろうということになったわけです。

しかし、ハイブリッドにも大きく分けると2つの方式あります。それはシリーズハイブリッド、パラレルハイブリッドです。

シリーズハイブリッドというのは、エンジンが発電機だけを動かして電気を作り、エンジンを走行に使用しない方式です。

パラレルハイブリッドというのは、エンジンとモーターの両方の力を走行に使用する方式です。この方式は走行状況に応じて、エンジンとモーターを使い分けたり、両方を同時に使用することもできます。

また近年ではシリーズハイブリッドとパラレルハイブリッドの両方の特徴を合わせ持っているシリーズパラレルハイブリッド方式の車も開発されています。

そもそもハイブリッド車は世界の多くの自動車メーカーが燃料電池車までのつなぎにしか過ぎないとしてあまり開発に熱心でなかったなかで、1997年にハイブリッドエンジン車として、トヨタがプリウスを実用化し発売しました。

他社も追撃を開始しましたが、既に長年の市場経験を積み、関連特許独占してブランドを築いているトヨタ自動車に優位性があります。

トヨタのハイブリッド車が広く広まった背景には、新しい技術であるハイブリッドの価値を顧客に伝える事の出来るディーラーの営業力や、優れたサプライヤーの技術力があった事を見落とすことはできないでしょう。

ハイブリッドカー

[ ハイブリッドカー プリウス ]