車査定が一社だとダメな理由!

 
これまで車の買い替えのときには、何も考えずに「下取り」に出していた方も、友人などから車は買取に出したほうが遥かに高く売れると聞いて、いざ街にある中古車買取専門店に愛車を持ち込んで査定をしてもらうことがあります。

そこで、愛車の査定額の提示を受けます。なるほど、たしかに「下取り」よりも高い査定額が示されました。ここですぐに売却するのも、なんとなくあっけないな、と思いつつ、ふと、「待てよ!まだ、他の買取店に持って行ったら、もっと高い査定額が出るのではないか!」と気づくときがあります。

そう、これは誰もが気づく車買取のイロハです。この、車査定が一社だとダメな理由に気づいた方は、通常は、いくつかの車買取専門店に愛車を持ち込んで、査定をしてもらうことになります。

車査定 一社だとダメな理由!

しかし、いくつかの車買取専門店に愛車を持ち込んで、査定をしてもらおうと思っても多くの方は、おそらく2つも行けば、3つ目のお店に行く勇気は湧いて来ないのではないでしょうか? あまりにも時間と手間がかかりすぎるからです。

ところで、振り返ってみると、中古車の買取専門店が登場してきたのは、1990年代になってからです。それまで、愛車の売却といえば「下取り」だという時代が長くつづきましたから、車買取専門店の登場というのは画期的なものでした。

しかし、いくつかの買取店専門店で査定してもらおうと思えば、愛車を順番に車買取専門店の店頭に持ち込んで、査定してもらうしか方法がありませんでした。

いくら「下取り」よりも高い査定額が示されるといっても、いくつもの車買取専門店を廻り、その中から最高査定額を提示した買取店に愛車を売却するというのは、現実的には、とても困難なものでした。

ところが、1990年代のなかばになるとインターネット革命が進展し、西暦2000には「車買取」のシステムにおいても全く画期的なものが登場してくるようになりました。

それが、車一括査定のシステムです。一括査定システムの何が新しいかというと、たんに各買取専門店が自社のホームページから集客するというPRの拡大ではなく、システムそのものが全く違うものでした。運営主体も車買取専門店ではなく、第三者的立場にある企業が運営するものです。

車一括査定のシステムの登場は、何をどう変えたのでしょうか? 車査定が一社だとダメな理由を、どのように解決したのでしょうか?

中古車査定 一社だとダメな理由!


車の一括査定登場の背景には、いうまでもなく、一つの買取店による「買取」よりも、複数の中古車買取専門店に査定額を競わせたほうが、より高額査定が見込まれるということが常識になってきたということがあります。

もう一つは、複数の車買取専門店で査定をしてもらうために、多大の時間と労力を必要とするものを何とか解消できないか、という思いがありました。

それが、一瞬にして複数の車買取店に見積もり査定を依頼できる新しい「車一括査定システム」の登場につながったのです。

この「車の一括査定」は、それまで、何店舗もの車買取専門店を時間と労力をかけて廻らなければならなかったものを、一瞬にして複数の車買取店に査定を依頼できる画期的なものだったのです。
この「一括査定システム」は、さらにユーザーにうれしい副次的な効果をもたらしました。それは、このシステムに参加している買取店は、査定額が同じように参加している他の買取店と競合していることを認識することになるので、より高額の査定額を自動的に導き出すシステムだったことです。
これらのことが徐々に知られるようになると、その利用者は増大していきました。

その後、この一括査定のシステムは、さまざま企業が提供するようになります。そして、現在のわれわれユーザーの問題は、このあまたある一括査定サービスのなかから、どの一括査定を利用するかということに移ってきています。

当サイトではこれを、一括査定サービス提供会社の信用度、システムの使いやすさ、そのシステムに参加している車買取専門店の数などから、とくに以下の2つに絞って、推奨しています。

しかし、そのほかにも、一括査定サービスがないわけではありません。上記のほか、わが国を代表する一括査定を、お好みに応じてお好きなものを、利用していただいて、少しもかまいません。

車査定一社

その他の車査定は、ここから行けます!