下取りの価格交渉

 
車を下取りに出すときにチェックされる部分としては、買取業者が査定をする場合と、さほど変わりはないとされています。車の状態をチェックすることになりますから、走行距離や、修復歴は、基本的に買取でも下取りでも必ずチェックし、査定額に大きく響くとされています。

その他には、外装や内装の汚れ、さまざまなパーツが正常に動くかどうか、エンジンの状態や、オイルの状態、タイヤの溝についても調べます。メーカーによっても異なりますが、その車の下取り価格を出すときには、基準価格表に価格が記載されていますから、グレードや年式だけでチェックする場合には、同じ年式と同じグレードである車は同じ価格となっており、その金額から、走行距離などのいろいろなチェックが入り、価格が決められていきます。

下取りは、買取業者に依頼する場合よりも、それほど丁寧な査定となるわけではない場合が多いとされています。買取業者には、査定士が必ずいますが、ディーラーには必ず査定士がいるわけではありません。

そのため、室内の状態にはあまりこだわらないという場合もありますし、トランクルームに荷物が置いてあったり、洗車をしていないからといって価格が下がってしまうようなことはあまりないとされています。

買取業者で行なうような、少しでも高く売却をする方法は、車の下取りに出す場合には、あまり効果がない場合が多いとされていますから、下取りの代金についてはあまり期待をしない方がよいと言えるでしょう。

車下取り

しかし、車を下取りに出すときには、下取り価格の交渉を必ず行いましょう。ディーラー側の言い値での下取りとしてしまうと、交渉をした場合とで、数万円から数十万円の差が出てしまいます。

新車を購入する時には、少しでも安く購入したいと考えると思いますから、必ず車の下取り価格の交渉を行い、下取り価格を上げてもらいましょう。ディーラー側も下取り価格の交渉が入ることは当たり前としていますから、価格交渉に応じてくれる場合が大半となります。

車の下取り価格交渉のあとは、新車の値引き交渉です。実際には、新車の値引きではなく、下取り価格を上げる事で、新車の値引きをしているように見せかけている場合もありますが、下取り価格の交渉を行った後に、新車値引きの交渉をスタートすることが大切です。

新車の値引きはあまりうまく進まないことが多いのですが、値引きが無理な場合には、オプションのサービスなどをつけてもらう交渉を行いましょう。

新車の購入時には、フロアマットや、撥水サービスや、車のコーティングなど、新車値引きができないと言われた場合には、オプションをつけてもらうことができないか、交渉をしましょう。

一つのオプションで満足してしまうのではなく、割安で購入することができるオプションがないかどうかも確認し、新車購入時にかかる負担を少しでも軽減することができるようにすることが大切です。新車を購入する時にしかできない事ですから、恥ずかしいと思わずに、さまざまな交渉を行いましょう。

しかし、新車価格の値引き交渉がうまくいかないと思う場合は、やはり車買取での売却を検討したほうがよいでしょう。

車下取り

 車買取相場を調べてみる