軽自動車の買取相場と売るための査定

 

軽自動車

クルマのカテゴリーで、いま日本でもっとも人気のあるのが軽自動車です。全新車販売台数の40%を超える市場占有率を誇り、軽自動車税が増税されたにもかかわらず、その人気は衰える気配がありません。

各メーカーも軽自動車の走行性能や燃費・安全装備なども充実させ、ますます魅力的な仕上がりになっています。そのため、軽自動車を売るときも、すぐれた車の売却システムを利用すれば高額査定が期待できます。

さて、いま乗っている軽自動車を乗り換えようとする場合、まっさきに気になるのは軽自動車の買取相場ではないでしょうか。むろん、ディーラーで下取り交渉などすればわかってくるものですが、いち早く買取相場を知りたいというのも人情でしょう。

むろん、あなたの軽自動車がいまどれくらいか、査定額がぴったりわかるものは存在しませんが、次のサービスをご覧ください。いまわが国で、もっともあなたの軽自動車の買取相場がわかるものでしょう。


これは、カービューの提供するものですが、このなかからあなたの軽自動車にもっとも近い条件のものを探してください。そうすれば、あなたの軽自動車の買取相場のおおよそのところはわかるかもしれません。

しかし、この査定価格を利用してディーラーと下取り交渉をうまくやれば、下取り額が上がるほど車の高価買取の実現は簡単なものではありません。

軽自動車

では、軽自動車の高価買取を実現するにはどうしたらよいのでしょうか?

そもそも、軽自動車を売る方法には、「下取り」と「買取」と「インターネット」という3つの代表的な方法があります。

言うまでもなく、車の下取りというのは、次に購入するクルマの代金の一部に充てるものとして、いま乗っている車を販売店に引き渡すことです。

車の買取というのは、いま乗っている車を中古車買取店に売って、現金に代えることです。

買取に比べれば、下取りを利用する人のほうが遥かに多く、現在でも、やや「インターネット」を利用して売る人が増えてきたとはいえ、まだまだクルマ売却の主役の座から降りる気配はありません。

なぜ、「下取り」の利用者が多いかというと、ほとんどの人が「面倒くさい」、つまり新しく車を購入する店で愛車の売却も済ませたほうが楽だと思っているからです。

なかには、「下取り」の利用する人のなかにも、「買取」を利用したがほうが査定額が高くなるのではないかと思っている人もないではないですが、なぜ「買取」を利用しないかと言うと、面倒くさいというほかに、買取を利用しても下取りの査定額と大差ないと思い込んでいるか思い込もうとしているからです。

しかし、思いきって実際に買取に出してみて、下取りとの、その差額に愕然とした方もおられます。ですので、「下取り」だけで車を手放すというのは、あまりにも「もったいない」行為であると言えます。

軽自動車

軽自動車を下取りに出すにせよ買取に出すにせよ、それぞれ長所と短所があります。

「下取り」の場合は、時間と労力はかからないという長所はありますが、ほかの店と比較していないので下取り価格が低いかもしれないという短所があります。

また反対に「買取」の場合は、いくつかのお店をまわれば時間と手間がかかるという短所はありますが、まちがいなく一番高いところに売却できたという満足感が得られる長所があります。

もし、その両方の長所を取って短所を無くす売却方法があれば最高ですよね。しかし、このような売却方法があるのです。

それが、「インターネット」を利用して行う一括査定です。これは、複数の店を廻る労力も要らなければ、しかも高額査定が期待できるのです。なぜ高額査定が期待できるのか。それは、放っておいても各買取店が査定額を競って提示してくるからです。

 軽自動車の一括査定はここから!