車買取店の種類と特徴

 
車買取店には複数の種類があり、その種類によって買取価格が大きく異なる場合があります。それぞれの特徴を知ることで自分の車をどこに売れば高く売れるのかが分かります。

車買取といえば買取専門店を思い浮かべる人は多いと思います。車買取専門店は基本的に車を中古車オークションにて売却しています。オークションには中古車専門販売店や中古車ディーラーが買い付けに来ますが、その価格は概ね市場相場に基づき決められることが多いものです。

したがって買取専門店が車を買い取る場合には、相場に即した金額を基準に買取金額を決める場合が多いのです。したがって、人気車だからといって極端に高い金額はなかなか出にくいものです。

中古車専門販売店はオークションで販売する中古車を仕入れるほかに、買い取った車を販売することもあります。そのため買取金額は相場だけによるものではなく、実際に自社で販売している実績や傾向から判断し、その買取金額を決めています。

したがって、人気車種は買取専門店にくらべ比較的高額で買い取ってくれる傾向があります。また、テレビやカーナビなどのオプションについても人気機種であれば高額の上乗せをしてくれるのも中古車専門販売店の特長です。

その他に車を買い取ってくれるところとしては、新車ディーラーや中古車ディーラーなどのディーラー系列があります。どちらも基本的には車を買い取るというよりは、新車もしくは中古車を購入した場合の下取りとして買取している場合がほとんどです。

新車ディーラーの場合には自社で中古車を販売することはないので、自社系列の中古車ディーラーに販売するか、もしくはオークションで処分する形になります。

したがって買取金額の基本になるのは相場価格になりますが、新車ディーラーは新車の販売価格と買取金額を相殺するという形をとることがほとんどなので、新車であまり値引きができない場合や、ライバル社との競合で顧客が迷っているときなどに、戦略的に買取金額を高額にすることがあります。そのため実際の車買取金額ではなく、購入する車の種類により大きくその買取金額が変わってしまいます。

中古車ディーラーは中古車を販売するところなので一見中古車販売専門店とおなじように高額買取が期待できると思われがちですが、基本的にはメーカー系列なので自社の中古車を多く販売することが多いところです。

したがって、そのディーラーとおなじメーカーの車種であれば比較的高い買取金額が期待できますが、そうでないメーカーの場合はよほどの人気車種でない限りは買取金額は低くなってしまいます。また下取りの金額も購入する自動車が新車ではないので値引き額もそれほどないため高額の下取りはそれほど望めない場合が多いものです。

このように自動車を売却する場合には、その売却先により買取価格を設定する根拠が大きく異なるので、一つの所に限定して売却を考えるのではなく、複数のところで査定をしてもらい買取価格を把握することが大切です。

例えば中古車専門販売店では比較的高額の買取価格が期待できるものですが、必ずしもそうではなく、車種によっては買取専門店の方が高く売れる場合もあります。とくに一般の人があまり乗らないアウトドア車などは買取専門店の方が高額買取をしてくれる傾向があります。

また、新車の購入時の下取りにおいても、人気の新車を購入する場合には新車ディーラーがそれほど値引きをしなくても新車が売れると判断した場合には下取り価格が低く査定されてしまう場合も少なくありません。この場合にはいま乗っている車を別の所に売却したほうが高く売れる場合もあります。

このように車を売る場合には、売却先の種類と特徴をよく把握して選ぶことが車を高く売るためのコツだということが出来るますが、実際には難しいのが実情ですから、インタネットによる車一括査定を利用するほうが、安全で確実な売却方法だと言えるでしょう。

車一括査定はここから!