高額査定のポイント

 
車を売却する際は、出来るだけ高額で売りたいと誰もが思うのではないでしょうか。ここでは、押さえておきたい「高額査定のポイント」を書いていきたいと思います。

まずは買い取り業者側から見た、「一般的な高額査定のポイント」です。小さなキズなどは、コンパウンド入りのワックスなどがあるので補修しておいたほうがよいでしょう。

車の状態が良くない場合、業者側は商品として売れる状態に整備しないといけません。それにかかるコストなどを考えると、状態の良い車のほうが高額査定に結び付きます。

ただし、あまりに大きな傷が出ている場合に事前修理すると、査定よりも修理代のほうがかかってしまう可能性が高いので、傷の状態を見て修理を行うか考えた方がよいです。

次に、これはなかなか難しいのですが、出来れば売るタイミングを見ることです。車の売却にも高く売れる時期と高く売れない時期があります。もし売却時期などが切羽詰まっていなければ、情報誌で調べてみたり、業者などに聞いてみるのもいいですね。

その他にも、これは車の購入の際に決まってしまうのですが、色(カラー)は査定に左右します。近年はカラフルな色の車も多いですが、いざこれを売却となると、意外に査定は高くなりません。

理由としては、カラフルな色は飽きやすい傾向にあり、人気がないのです。車を購入するときは、高額査定を考え、なおかつ色にこだわりがない場合は、無難な色にしておいた方がいいようです。

また、売却される時に悩まれる方が多いのは、洗車したほうがいいのだろうか、ということではないでしょうか。じつは洗車や清掃は意外にも査定に関係ありません。

先ほど、車の状態を良くすると書きましたが、「汚れ」などは車の査定には関係ありません。ただ直接の関係はないですが、業者側からすれば「普段から手入れをして車を大事にしている」という印象をもたれるので、それにより査定が多少上がる場合があります。

それから、もっとも悩まれる方が多いのが事故歴がある場合です。つい、隠したい気持ちになるのはよくわかりますが、これは正直に業者に言ったほうがよいです。とくに事故を起こした車というのはマイナス査定なるだろうということは誰でも予想できるので、隠したい気持ちになるところですが、ほとんどの場合、事故歴はバレてしまうと思ったほうがよいでしょう。

プロの査定士は、それぞれに事故車かどうかを判定する、独自のポイントをいくつも持っています。もしあなたのクルマが事故を起こして、大きな修復をしたことがあるのなら、事前に査定士に伝えましょう。正確な情報を知らせたほうが、知らせないでバレたときよりも、結果的により高額査定になるでしょう。

⇒ 車の買取相場表を下取り価格と比較してみよう!