車査定額の違い

 
愛車を下取りに出す場合には、どこのディーラーに持っていっても、その査定額はほとんど同じかもしれませんが、車の買取業者に査定をしてもらう場合には、その査定額は買取業者によってかなり違うと思った方がよいでしょう。

なぜ同じ車であるのににもかかわらず、買取業者によって査定額に大きな違いが出てくるのでしょうか?それには、いくつかの理由が考えられます。

もちろん業者によって、その利幅の割合をどれくらいにするかということもありますが、買取業者によって得意な車種とそうでない不得意な車種があることが大きいといえます。SUVが得意な業者もあれば、セダンが得意な業者や、または軽自動車が得意だという業者もあります。

ここで難しいのは、では得意な車種の業者にその車を査定してもらったとすれば、その車が得意でない業者に査定してもらうよりも買取査定額が高くなるかというと必ずしもそうでないことです。

得意な車種を査定する場合には、その車の細かい部分まで見ることができるということであり、その部分のあなたの車の状態が良くなければ査定は厳しくなりますし、良好だということであれば査定額は高くなるでしょう。

ここに、われわれユーザーが車を買取店で査定してもらう場合の難しさがあるわけです。通常は、買取業者のほうで、どの車種が得意だという看板が上がっている事は少ないですから、ユーザーはどのお店がどの車種が得意だという事は分からないでしょう。

またさらに、買取店によって査定額が違ってくる原因に、そのお店の顧客の傾向というものがあります。

たとえば、SUVを買いたいというお客さまがたくさん来訪するお店であれば、どうしてもSUVの買取査定額が高くなる傾向があります。少し高く買い取っても大勢SUVが欲しいお客さまが来てくれるわけですから、すぐに売れる確率が高くなりますですので、若干高額で買い取っても充分採算が合うからです。

以上、買取業者で車を高く売れる条件には、買取業者がどれくらいの割合で利幅を取るかということと、得意分野の車種はあるかということ、そして、その買取業者にはどのような傾向のお客さまが来店するか、という3つのことがあることを見てきました。

これらは外観から見ていて、どのようなお店かということは我々ユーザーが知る事はほとんど至難の業です。これでは、長年乗った自分の車を高く売りたいという欲求を満たすことはできません。

ではどうしたら、われわれユーザーは愛車を高く買い取ってくれるお店を探すことができるのでしょうか?今は昔と違って、とても便利な方法があります。それが車の一括査定サービスです。

これは、パソコンやタブレットやあるいはスマートフォンから、インターネットを利用して簡単に査定を申し込むことです。これは「一括査定」という名前のとおり、たくさんの買取業者に1回の操作で、無料で査定依頼をすることができます。

このたくさんの買取業者の中から、いちばん高い査定金額を提示してくれた業者にあなたの車を売ればよいのです。

 車の一括査定はここから