車査定の交渉

 
新車を購入する場合、値引きの交渉をした経験のある人も多いのではないでしょうか。

たいていの人は、新車を購入するとき、新車ディーラーが示す見積もりどおりにポンとお金を出す人は、レクサスやベンツなどのプレミアムカーやスーパーカーを扱うディーラーでない限り、値引きの交渉をします。

新車の値引きについては、雑誌やインターネットサイトがあることでも、一般化しているものとなり新車ディーラー営業担当とのかけ引きを楽しむ人もあるようです。

値引き交渉としては、関西人のお家芸とも言われており大阪の人は、新車に限らず家電品や食料品など何でも値引きの交渉を行うと言われています。

しかし、車を買取業者や下取りに売りに出す場合、提示された買取査定に何も異論を示すことなく契約してしまうことが多いのではないでしょうか。

車を売る場合は、買い手と売り手が逆になるもので、買い手が買取業者で売り手が自分になるのですが買い手の時はいつも値引き交渉する人も、売り手となると黙ってしまうことが多くあるようです。

特に車に関して興味のない人は、買取業者に専門的な言葉で言いくるめられると仕方ないと思い込んでしまうことも多くあり、買取り査定の交渉する余地もないのが実情のようです。

しかし、買取り査定においても交渉次第では買取査定をアップさせることができます。特にオプション品を取り付けている場合は、オプション品を付けたままで売ることを条件にして、査定額をアップさせることもできるようです。

車買取


近年、海外における日本の中古車需要が高いことから、「高価買取」や「買取アップ」などのインターネットバナーチラシを見かける機会が多くなりました。

車を売ることを考えていた人にとっては朗報と直ぐに電話やメールで査定を依頼する人もあるかと思いますが、ここはまず自分の車の買取相場を調べておくことが先決となります。

バナー広告を出している買取業者の多くは、確かに高く査定されることもありますが、買取業者としてみれば少しでも安く車を買取れば、その分儲けが大きくなりますので買取業者にしてみれば競合する買取業者がいなければわざわざ相場よりも高い査定しないものとなります。

ある程度自分の車の買取相場を調べたうえで、査定交渉を行ってもよいのですが、他の買取業者にも査定を依頼してあると言ってこの場は一端終わらせたほうが得策です。

査定した買取業者としても他社との競合があることが分かることで、再度の査定交渉を行う時に有利に話を持っていくことができます。

ひと通り買取業者から査定を受けて自分の車の買取額が分かったところで、一番高い買取業者と交渉に臨むことになります。このとき、少なくとも自分の車の相場価格は押さえておく必要があります。

また、新車に乗り換えを考えている場合、一般的に買取の査定額よりも下取りの査定額のほうが低いと言われていますが、決算期となれば新車を売るために値引きと下取り査定を上乗せすることが多くあります。

しかしながら上記に述べたように、自分の車の相場価格を押さえたり、交渉を上手に行なえるという人はほとんどいないでしょう。また、上手に交渉したと思っている人でも、ほかの点でも落ち度なく交渉できているということは、ほとんどありえないことです。

しかし、このような交渉を行うことなく、業者に専門的な言葉で言いくるめられることなく、高い査定額を提示させることのできる方法があります。それは、いうまでもなく、車の一括査定です。なぜなら、一括査定は、買取業者が競争で査定額を提示するシステムだからです。

車買取

 車一括査定はここから!