査定士の役割

 
自動車を売却に出す場合には、業者に買い取りの査定額を出してもらった上で、売却に出しますが、その査定は車の査定士によって行われます。

この査定士になるには、査定士の資格が通常は必要で、小型車査定士と大型車査定士の2つの資格があります。これら査定士の資格を取得するには、大きく3つの要件が必要になります。

それは、自動車の運転免許の保持と半年以上の整備経験および研修の受講が必要になります。これら3つの要件を満たすことで、はじめて資格試験を受けることができ、その試験に合格すると車の査定士として活動することができるようになります。

但し、この査定士の資格は保持が義務づけられているわけではないため、査定を行っている人でこの資格を持たずに査定を行っている人も多くいます。より精度の高い査定を行ってもらうためには、できるだけ査定士の資格を持った優秀な担当者に査定してもらうことが重要になります。

そうでない場合には、あとで車の問題箇所が見つかり、決定していた買い取り額が減額されるなどのケースもあるためです。優秀な査定士では、査定箇所を見るときに独自にいくつかのポイントを持っています。

まずは、その査定箇所から車の状態を十分に見て査定するということがあります。優秀な査定士では、車の外部の状態や車内の状態、エンジンルームやその中の機器の状態など独自のポイントから念入りにチェックが行われます。

また、書類の確認も重点的に行われます。特に車検証や整備記録、自動車の取扱説明書があるかなども重要になります。また、査定士の資格を持っていることが、優秀な査定をおこなってくれるとは限らず、査定の経験などが重要になります。

そのため、口コミを参考にしたり、また大手の業者では、多くの査定を行っており査定品質も安定している場合も多いため、信頼できる業者を選ぶことが査定をしてもらううえで重要になります。査定士資格を持っている上で、査定経験が豊富な査定士に査定してもらうことが、より安定した査定になる可能性が高くなります。