車買取を買取専門店に依頼するメリット 

 

車買取の際に、新車を購入するディーラーに下取りを依頼するオーナーは多くいます。むしろ、そのほうが今は大多数を占めています。

車をディーラーに下取りを依頼するメリットとして、新車の購入の値引きがあったり、オプションをつけてくれたりといった特典が得られることがあります。新車購入の時は、気持ちも高まっていて、早く乗り換えたいという心理も働き、特典がつくならと下取り金額への評価が緩くなりがちです。

実際、新車の値引き額と中古車の下取り額が一緒になってしまうと、どのくらい得をしたのかが分かりづらく、正しい評価で下取りをしてもらえたかがはっきりしない傾向があります。

一般的には、ディーラーよりも、車買取専門店での買取の方が高価格になる確率が高くなります。理由はいろいろ説明されています。たとえば、次のようなものがあります。

ディーラーの下取りした車は、そのディーラー関係のオークションでの流通するのに対して、車買取専門店で買取した車は、各地の業者間のオークションで流通します。ディーラーのオークションと比べて、参加する車買取業者の数は明らかに多く、需要と供給のバランスから高く売却できる可能性が多くあります。

また車買取専門店では、オークションによって売却までの時間が短くなり、中古車の在庫を維持する費用も削減することが出来ます。その抑えた費用分を車買取価格に反映することが出来るため、より高く買取することが可能になります。etc

このように車買取専門店のメリットは大きいのですが、車の状態や地域・市場の動向によっては得をする度合いは変わってきます。確率として買取のほうが価格が高くなる傾向がありますから、ディーラーの下取りと比べて納得感のあるほうを選択する必要があります。

ディーラーのサービスは手厚く、下取りで発生する作業もまとめて処理してくれますし、新車納品まで今までの車に乗り続けることができます。

価格なのかサービスなのか、どの優先順位が高いかを選択し、それぞれのメリットとデメリットの妥協点を探し、車買取を進めることが大切です。

車買取専門店によっては扱う車種の特徴が違うので、車買取の一括査定などを利用して買取価格を比べることが必要だということができます。

⇒ 車買取一括査定はここから