車下取りと買取

 
自動車を売却したい場合には、買い取りに出す方法と車下取りに出す方法の、大きく2つの方法があります。車の下取りでは、買取との違いがあり、それぞれ特徴やメリットがあります。

クルマを買い換えたいと思っているような場合には、下取りをしてもらいそのままあらたな車の購入ができるため、つまり、一つの業者で売却から購入までができるので、手間が省けるというメリットが「下取り」にはあります。

下取りの意味するところは、下取りでは新車など自動車を購入することを前提として買い取ってもらうことです。そのため、下取りをしてもらう場合には、同時に次に乗る車の購入が必要であるということができます。

ひと昔まえまでは、自動車を買い換える場合には、下取りで引き取ってもらったうえで新しい自動車を購入する事が一般的でした。

一方の「車買取」では、新車などの自動車購入が前提とされていないということが、下取りと買取との違いとしてあります。

自動車の買取では、中古自動車の販売店などが、自動車の販売を行うことを主目的として買い取りが行われます。そのため、買い取りでは、販売したい車種を高くても買い取りたいという思惑があり、下取りに比べ高値で買い取ってもらえる可能性があるということがあります。

下取りでは、自動車のディーラーが付加サービスとして実施している場合が多いため、買い取りに比べると金額面で下がる可能性があります。

ただし、車種などによっては下取りでも、まれに高値となる場合もないとは言えないため、下取りと買い取りで価格を比較してから売却することも必要と言えます。

価格を比較する際には、下取りでは、新車購入を予定しているディーラーなどに見てもらうことで下取り金額を出してもらうことができます。

一方の車買取では、インターネットの比較サイトなどで複数業者へ一括して査定依頼ができるため、それらを活用することで高額買い取りを行ってくれる業者を探すことができます。

そのうえで、下取り額と買取額を比べることが重要なポイントになります。最近では、買取の場合のほうが高値で買い取ってくれることが多く、車の買取が主流になってきています。下取りのメリットを考えるとすると、手間をかけるのが若干少なくて済むという程度です。

ただ、車の一括査定の依頼は、ほとんど手間がかからず数分で済むので、自分の愛車のほんとうの価値を知るためには、ぜひ試してみたいものです。

 ⇒ 車の一括査定はここから!