水没車

 
最近の気候は急激に変わりやすく、ゲリラ豪雨など短時間で予想できない事態になり、道路が冠水することもめずらしくありません。

いざ道路が冠水状態になったからと言って、そのときはすでに道路は渋滞していますから、そこから抜け出すことは難しく、水没車になっていくのをじっと見ているしかないということもあります。

クルマが水没車になるとどうなるか。エンジンがあまり浸かっていなければ、動きだけは問題ないかもしれません。しかし、エンジンのかかりも悪くなり、運転していると急にランプが付いたり消えたりすることもしばしば起きるようになります。一番怖い電気系統が損傷を受けているからです。

エンジンが正常でも、それを起動するのはモーターです。電気系統が正常に働かなければモーターが動いたり動かなかったりということになります。現代では、自動車のエンジンはコンピュータ制御のもとに運転され、コンピュータがないと、走るどころかエンジンすらかけられないという状況になっています。

したがって、シートの臭いや錆などの見た目は無視するとしても、長期間乗るのはお薦めできません。それゆえ、水没車は処分しなければならないということになります。

水没車


しかし、水没車と聞いてあなたは、購入しますか? ところが、水没車でも売れないわけではありません。クルマの状態によっては、意外と高く買い取ってくれたという事例はたくさんありますが、ほとんどの水没車は0円査定となります。

水没車が買い取り業者によって査定される時には部品取りのための買い取りと考えるべきです。買い取り業者はレアアースなどを収集することで、自分たちの利益を確保することができます。タイヤなども確実に再利用できます。

これまでは水没車はほとんどがスクラップとして処分されていました。つまり、再利用することがほとんどなかったのです。しかし、今はリサイクル法なども成立し、原則としてリサイクルを前提に考えるようになりました。

それで水没車でも部品を取り外して、リビルド品として販売するのです。これが意外と高く売れるようになったため、買い取り業者の査定額が高くなるのです。

ひとくちに水没車といっても、被害内容が同じではありませんから単純な比較はできません。どの部分まで水に浸かったかで、査定額が違ってきます。

泥水の臭いは簡単に取れませんから、高値を望むのは無理がありますが、インターネットで買い取り業者を探すのが一番高価買取が期待できます。必要事項を記入すれば、それだけで査定依頼ができます。

水没車買取のシェアNo.1サイトはここから!

念のため他の買取サイトからも試してみる