出張査定

 
自動車を買い取りに出す場合には、出張査定と店舗査定の大きく2つの方法があります。出張査定と店舗査定では、違いがありそれぞれ特徴やメリットなどがあります。

まずは、出張査定では、買い取り業者の担当者などが自宅などに来て、車の買い取り価格を査定してくれるというものです。出張査定では、自動車をお店などに持ち込む必要が無いため、そのぶんに査定を受けることができるメリットがあります。

通常は、買い取りに車を出そうとした際に、査定方法で出張査定を選択することで、出張査定してもらうという流れになります。また、自動車販売店の担当者が自宅を訪問しにきた際、買い取り価格がいくらぐらいになるかを見積もってもらった場合にも、出張査定の位置づけになります。

一方の店舗査定は、自動車を買い取りを行っているお店に持ち込んで、いくらで買い取ってもらえるか見積もってもらう方法です。

出張査定では、査定をしてくれる担当者が訪問する日時を調整したり、その決めた時間帯に家にいなければならないなどあります。

これに対し店舗査定では、通常は店舗の開いている時間帯に自動車を持ち込めば査定してもらうことができ、日時の調整面で楽ということが言えます。

出張査定と店舗査定で査定額については、業者などにより違うため、どちらの方が確実に査定額が高くなるといったことはありません。但し、業者によっては、出張する手間代を勘案して、査定額から若干引かれている可能性はありますが、それほど大きな額にはなりません。

自動車の査定価格は車種や年式、走行距離や自動車の状態などによって算出される場合がほとんどであるため、査定額の面では出張査定か店舗査定かはあまり査定額にちがいは出ないでしょう。

査定額で考える場合は、より高額で買い取ってもらえる業者を探す方が重要になります。そのためには、インターネットなどの一括査定サイトなどで、多くの業者から概算査定見積もりを取り、その中から選ぶことが重要です。

そして、出張査定というものが便利だな、と感じるのはこの一括査定を利用したときではないでしょうか。一括査定は、複数の買取店に査定を依頼するものですから、一店一店の買取店を廻って査定してもらうとなると、膨大な時間を要してしまうからです。

この点、一括査定サービスで出張査定を利用すると、この査定業務を短時間で効率よく済ませることができます。しかも、この一括査定は、査定額を競い合うものですから、勢い各買取業者から提示される査定額も、より高い金額になることを期待できます。

一括査定を上手に利用して、高額査定を実現しましょう!