低査定額の要因

 
車を下取りに出すときにも、買取業者に依頼する時にも、必ず査定額が下がってしまうとされている事があります。それは修復歴のある車です。

少しかすっただけであったり、軽く凹んでしまった程度であれば、さほど査定額には響かないのですが、車本体の軸が曲がってしまうほど、大きな事故を起こしてしまった車は、確実に査定額が下がってしまうと考えましょう。

車の下取りの場合には買取専門店ほど査定が厳しくないと思っているかもしれませんが、それでも、軸が曲がってしまうほどの大きな事故である場合には、すぐにわかってしまいますから、事故を起こしていないと言い張っても、査定額には響いてしまうと考えましょう。

プロが査定をするわけですから、嘘をついていても、チェックすればすぐにわかってしまう項目となります。

車下取り

その他に、確実に査定額が下がってしまう事としては、走行距離がかさんでしまっている車です。走行距離が多くなればなるほど、車を下取りに出す場合にも、買取業者に依頼する場合にも、価格が下がってしまいます。

少しでも査定額を高くするために、メーターを改ざんして査定に出す人が稀にいるのですが、詐欺行為となりますから、決して行なってはいけません。

査定としてチェックされる項目には、他にもさまざまなものがありますが、減点になってしまうような部分がなかったとしても、年式が古いだけで値が付かない場合もあります。

下取りでは値が付かなくても、買取業者では値が付く場合もあれば、その逆もありますから、下取りと買取のどちらの査定額も出してもらうとよいでしょう。

車下取り者

車の買取相場はここから!