車の下取りとは

 
車を買い替える時期は、人によって違うかと思います。現在の車を乗りつぶし、10年を超えてから新車を購入するという人もいれば、2〜3年毎に新しい車にチェンジし、いつでも新モデルの車を乗るという人もいるかと思います。

また、家族が増えることで、車のサイズを変えるという人や、趣味に合わせた車を購入するという人もいます。

現在、車を持っていて、新たに車を購入する場合、現在乗っている車をどうするか、検討することと思います。売却し、新しい車の購入費用の足しにするのか、2台持ちとし、両方の車をその時に応じて使い分けるのか、人によって異なると思います。

売却を進める場合には、その車を買取業者に依頼して買取をするのか、ディーラーに依頼し、車を下取りに出すのかを考えてみましょう。

車下取り

買取には買取の、下取りには下取りのメリットとデメリットがありますから、どちらのメリットとデメリットも両方をチェックした上で、売却を進めることが大切です。

車の下取りは、一般的な買取業者ではなく、ディーラーを通しての手続となりますから、新車の購入と一緒に手続きを進めることができ、面倒なことがありません。

ですが、買取に比べて割安での査定額となってしまうことが多いため、少しでも高値で車を売却したい場合には買取のほうがお勧めとなりますが、下取りのように、新車と引き換えとなりませんから、足がなくなってしまうことを不便に感じる人も多くいます。

そのためディーラーのほうが、安心して取引することができると考える人が多く、歳を重ねている世代程、買取業者に依頼するよりも、ディーラーに車の下取りに出すという人が多いとされています。

下取りの場合、新車の金額から差し引かれてしまうため、どのくらいの価格で車の下取りが行なわれたのか、わからないままとなってしまう人もなかにはいます。

しかし、ディーラーとの取引となりますから、騙されてしまうようなことはありませんし、その後の手続も楽に進めることができます。どちらが良いかは人によって違いますから、買取と下取り、両方を調べた上で検討するようにしましょう。

ただ、査定額に照準をしぼれば、間違いなく下取りよりも買取に出したほうが、高額査定が期待できるのは言うまでもありません。

車買取相場表

車の買取はここから!