中古車の見方

 
これから中古車を買おうと思って、中古車販売店の店頭へ行くとたくさんの中古車が並んでいます。さてお目当ての車を探そうとするとき、あなたは最初にどこを見ますか。

おそらく最初に目に飛び込んでくるのは価格のことでしょうけれども、その次に気になるはどこかと言うとたいていの方は、傷はないかとか凹みはないかとか、シートの汚れは無いかとかいったような外装や内装の状態を点検したくなるのではないでしょうか。

しかし、これははっきり言って中古車を買うときの判断基準にはなりません。というのは、よほど状態の悪い車でないかぎり、洗車をしてワックスをかけ車内を清掃すればとても見栄えが良くなるからです。

中古車を見る場合は、やはり外観ではなく、その中身に注目する必要があります。中古車の中身が何かと言うと、例えばこれまでの整備記録などを確認します。それから大事なことに、その車が事故を起こしているか、すなわち修復歴があるかどうかもしあったとしてもそれをそれはどの程度のものかを知る必要があります。

そもそも修復歴車というのは、交通事故やその他の災害によって自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またその修復歴のあるもの、と規定されています。したって、車の骨格部位を交換したり、あるいは修復したものが修復歴車となります。

これを具体的に言うと、ボンネットやフェンダーやドアなど外板は修理や交換をしても事故車にはなりません。しかし、エンジンルームやトランクルーム等の内側や骨格部分を修復したものを事故車といいます。これが一般的な事故車の定義です。

ですので、販売業者としてはこの事故車の定義に当てはまらなければ事故車と表示する必要がないので注意する必要があります。ちょっと気に入った車が見つかって、これを購入したいと思ったときには、まずその車が大きな事故を起こしているかどうかを確認する必要があります。

見た目は全く事故をおこしていないように見えても安心してはいけません。しかし、普通の人は車の外見を見ただけで、その車が事故を起こしているかどうか、何処をみたら事故歴が確認できるのかもわかりませんよね。

そこでどうするか、ここであなたはボンネットを開けてみてください。そして、そばに営業マンがいなかったら営業マンを呼んでください。そして尋ねてください。「この車は事故を起こしているんではないですか?」勝負は、ここでの営業マンの反応をどう見るかです。

たとえば、「事故歴は全くありませんよ」と答えた場合に、全く嘘ついてないか正直に言っているかどうか、それをまた判断しなければなりません。反対にあっさりと事故を起こしたことを認める時もあります。その場合には、それはどのような事故だったのか、そして車のどの部分をどのように直したのかを、注意深く説明を聞いてください。もちろんこの時は、実際に事故を起こした箇所を確認しながら営業マンの説明を聞きましょう。

ポイントは、そのセールスマンが明快な回答するかどうかです。たいした事故でないですよ、などとちょっと返答を濁すようであれば、その車は買わない方が良いかもしれません。

まあしかし、事故を起こした車の販売形態はいろいろです。「事故を起こしているので価格を安くして売ってるんですよ」と言われる場合もあります。

中古車は自分が納得して買うものですので、当日その日に行って即決で車を購入することは、やめておいたほうがいいでしょう。少なくとも一晩置いて、気持ちが変わらないことを確認してから購入の決断をしましょう。