車体の美しさ

 
クルマの売却に携わる業者が買い取った後に考えることは、その車を販売することです。そのクルマはお客さんが実際に目で見てチェックし、購入していきます。

実際にクルマを見て、まず目に付くのは、車体の外観です。遠くから見たとき、実際に目の前で見たとき、最初に見る場所は、そのクルマの価値や欲しいかどうかを印象付ける大事な要素でもあります。

もし、その外観が汚かったり、キズだらけだったりしたとしたら、自分が欲しいと思うかどうかを考えてみましょう。同じ商品があったとき、同じ値段だったならば、状態がいいものを欲しいと思うはずです。そう考えると、自分が売却時にチェックすることはどんなことでしょうか。まずは、何よりもきれいに洗車をしてから査定に出すということです。

少なくとも乗りっぱなしで査定に出すことは、普段から自分が汚い状態で乗っている車ですということを、業者さんに伝えてしまうのと同様なのです。

売却することを考えると、普段からきれいにして乗ることを心がけることも必要です。そして、最後のときこそ、見た目は最高の状態にして査定に出すといいでしょう。

また、外観に見える小さなかすり傷などもきれいに消していくことをお勧めします。目の細かいコンパウンドなどで軽くこすって落ちるような傷の場合、落としておくと、それだけでも外観のアップにつながります。

やりすぎると塗装がはげてしまうので注意が必要ですが、少しでも見た目が美しく見えるよう、お金がかかり過ぎない範囲で工夫をしてみるといいでしょう。

クルマ売却

車外の美しさを整えたら、次は車内です。車外同様、車内も極力きれいな状態で査定に出すようにするといいでしょう。汚れやすい足元のマットもなるべくきれいになるように清掃し、車内全体に掃除機をかけ、埃を落とします。

また、ガラスは内面も結構汚れがちですから、汚れがないように美しくしておくことが大切です。また、普段から喫煙をしている車の場合、常日頃から気をつけていないと、ヤニなどの汚れが車内についてしまいます。

臭いも一度染み付いてしまったら、そうそう簡単に落ちるものではありません。なるべく臭いや汚れを落とし、灰皿も吸い殻が残っていないよう、きれいに水洗いをするようにしましょう。

そして、普段から品物をたくさん積んでいる人は、極力、車から降ろしておくようにします。なるべく査定がしやすい形で持っていくのと同時に、内装が美しく見えるためです。

次に、カーナビなどの装備品は、次の車で使うからと取り外してしまうことのないよう、注意が必要です。純正品、車外品ともになるべくならば、使っていたまま残すことで、プラス査定が付く場合があるのです。

内装を見た時、本来ならば明らかにあったものが取り外されていたら、次に買おうとするお客さんもいい気はしません。売れる可能性の低い車は、査定も低くなりますので注意が必要です。

クルマの売却を考える際に大切なのは、次に購入して利用する人がいる可能性があるということです。また、業者もそのことを考え査定をするという点も、一緒に考えるといいでしょう。